fc2ブログ

松の家(2019年春)

【施設名】松の家(まつのや)
【所在地】勝浦市勝浦
【URL】http://katsuura-matsunoya.com/
【訪問日】2019年4月某日

松の家

2019年4月某日、勝浦市の部原(へばら)パーキング---通称「クソ下の駐車場」にて。ゴミなんか捨てに来てねえよっ!でも、ゴミを捨てるヤツは●●●してくださいな(ニッコリ)。ちなみに、前方に見えるパトカーもどきの看板、いきなり見ると少々焦る(^-^;

この日の目当ては久しぶりの松の家さん。午後から雨の予報だったので、いつものチェックイン前の探索は適当気味。それでも勝浦に早めについてしまったので、事前にチェックしていた三角点を見に行こうと。目指す三角点は正面の山の上にあるはず。

松の家

途中、予想より大変な道---というか、道じゃないんだけど---をよじ登り、途中で見かけた穴。実はこれが・・・・ゴニョゴニョ

松の家

予想より、ゼーゼーハーハーしながら到達した三角点(三等三角点・部原)

松の家

そして、帰りは別ルートを、と思って見つけた古道。明治前半以前、おそらく江戸時代にも使われていた山越えの道。

     ※     ※     ※

松の家

とまぁ、短時間でやる気がなかった割には成果のあった探索を終えて、一直線で松の家さんへ。

松の家

ちなみに、記事にするのはずいぶん久しぶりだが、その間もお世話になってはいた(^ー^;

松の家

今回は新館だった。

松の家

新館はこれで3度目だが、いつもこの部屋だ。

松の家

勝浦名物「ひらきごま」 松の家さんの2軒となりの洋菓子屋さんの名物だ。

松の家

金庫は使いたければ鍵を貸してくれる。

松の家

新館の欠点といえば、裏が墓地だということだろうか。だが、気にする人が気になるのだろうが、自分は全く気にならない。

松の家

一休みしてから、お風呂に。いつもながら、若干熱めのお湯。とりあえず熱かったら水をいれて好みまで薄めてくれ、というスタンスのようだ。今回、夕方に入った時は前に入った方がぬるめてくれていたようだったが、真夜中に入った時は熱々だった。だが、この方針でいいと思う。

なお、お風呂は部屋ごとに40分単位で時間帯が割り振られているというシステム。そして、深夜12時以降と翌朝はフリー。フリーと言っても、今まで、深夜と翌朝に別の宿泊客とかち会ったことはない。よその宿でもそうだが、自分はよく真夜中に風呂に入りにいくのだが、他の客に会うことはほとんどない。みなさん、夕方一回だけで満足なかな?

松の家

風呂から上がり、ビールを飲んで音楽を聞きながら、夕食を待つ。((o(´∀`)o))ワクワク

     ※     ※     ※

松の家

そして、夕飯到着。今回は、ちびまる子ちゃんの終わる6時半を指定させてもらった。

松の家

一番安いコースなのだが、手抜き感のないところが嬉しい。高いコースはこれに伊勢海老やアワビや金目鯛の煮付けが付くイメージ。でも、この標準コースで量的に充分。味も満足。って、断言したら営業妨害になるのかな(^-^;

松の家

でも、お刺身の舟盛りが出てくるし、

松の家

ヒラメの唐揚げもいつもながら、揚げたてサクサク。グラタンは今回は蟹。これは、大正海老のマヨネーズ焼きとのどちらか。ちなみに、僕は大正海老のマヨネーズ焼きの方が好きではある(^ー^;

松の家

金目鯛の切り身をメインとした小鍋立て。

松の家

箸休めの小皿。ここのゴマイワシはいつも大きめ。

松の家

そうそう、忘れてはならないのがお酒。そもそも、自分はお酒を美味しく飲むためにここに通い始めたのだった(^-^;

松の家

最後に、デザートのオレンジ。あまり見たことのないカット。でも食べやすかった。

松の家

というのも、なんと、こんな細かい技が( ゚д゚)ハッ! 食べかけで申し訳ないけど、見ていただきたかったので(^-^;

     ※     ※     ※

松の家

翌朝の朝食。

松の家

定番の鯵の干物はいつもながら肉厚で大きめ。

松の家

ここらへんは通い始めたころと変わらず。ハムなど、脇役なのだが、きちんと美味しいのを使っている。

松の家

数年前からこのひとくちサイズの納豆が加わった。ご飯にかけると二口分になる。他にも海苔や佃煮でご飯を楽しめるありがたいサイズ。これって業務用なのかな?


スポンサーサイト



テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

松の家(2017年夏) その2 (完)

【施設名】松の家
【所在地】勝浦勝浦
【URL】http://katsuura-matsunoya.com/
【訪問日】2017年6月某日

松の家(2017年夏) その2

勝浦旅館松の家さんの2回目。翌朝の朝食。いつもながら、これだけおかずがあると、ご飯が進みすぎて困る(笑)

松の家(2017年夏) その2

大きめの鯵の開き。

松の家(2017年夏) その2

唯一、洋っぽいハム。

松の家(2017年夏) その2

おいらが通うようになってから初めての変化らしい変化(朝食について)。納豆の小さなパックが添えられていた。「納豆のない朝飯は日本の朝飯じゃない!」とかって人がいたのかな?(^-^;

松の家(2017年夏) その2

蒲鉾とわさび漬けに佃煮。

     ※     ※     ※

松の家(2017年夏) その2

今回は、翌朝も雨だろうから、寄り道せずにさっさと帰るつもりだったのだが、幸か不幸か雨にはならなかった。ということで、ついつい寄り道しながら帰ることに(^-^; 千葉県道81号、通称・清澄養老ラインにて。前方の山がなんかなってる (゚д゚)ハッ!!

松の家(2017年夏) その2

山の中に道路を建設中。そうか、アレだな、、、

松の家(2017年夏) その2

数年前から工事が中断状態だった天津ループ橋。この先の道が先ほどの工事中の道だった。工事再開となったようだが、いつ頃開通するのかな?


テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

松の家(2015年夏) その2

【施設名】松の家
【所在地】勝浦市勝浦
【料金】
【URL】http://katsuura-matsunoya.com/
【訪問日】2015年6月某日

勝浦の松の家さん2回目。

松の家(2015年夏) その2

ジャジャーンといきなりの夕食全景。いつもながらウマソー。こうやってテーブルにご馳走が並んでいるのを眺める瞬間の幸せ。いいねぇ (・∀・)ニヤニヤ

松の家(2015年夏) その2

お酒の用意も万全!でも結局、これを全部飲んだわけではないのだが(^-^; とはいえ、ご馳走とお酒がいっぱい並んでいると幸せな気持ちになるし(^-^;

松の家(2015年夏) その2

今回のメインは鮑の踊り焼き。火にあぶられた鮑さん、暑くてウネウネし始めた。ウネウネするシーンをアニメーションGIFにしようかとおもったのだけど、ちょっと悪趣味な気がしたのでやめておいた。鮑さん、ごめんね。今度はお刺身を頼もう(^-^;

松の家(2015年夏) その2

お刺身の盛り合わせはメバチマグロ、カツオ、アジ、それからナメロウ。

アジの刺身、普段スーパーで買うと小さい切り身でチビチビと食べることが多いのだが、このように大きめサイズは頬張った時の満足感格別。三枚おろしにした切り身の一番分厚い部分なのかな?残りの部分はナメロウに再利用にされたのだろう。

松の家(2015年夏) その2

揚げ物はメヒカリの唐揚げとのこと。おいら食通ではないので、知らなかったのだが、白身系でホロホロして美味しかったなぁ。白身魚の揚げ物に日本酒の組み合わせ、たまらないねぇ。

松の家(2015年夏) その2

焼き物はキンキとのこと。こういうのって大好物。これも日本酒に合うねぇ。

松の家さんに来ていつも思うのだが、上の唐揚げやこの焼き物、きちんとできたてでホカホカのところを出してくれる。じゃらんや楽天トラベルのレビューで「天ぷらが冷めていて云々」とかって文句を書き込んでいる人をよく見かけるが、限られた時間とスタッフで食事を提供するのは相当大変なはず。高級旅館なら当たり前なのかもしれないが、一泊二食で約一万円という宿でこれだけのサービスをしてくれるところって、あまりないんじゃないかなぁ。

ってことで、あんまり写真ばかり撮っていないで、とっととご馳走を頂かないと(^-^;

松の家(2015年夏) その2

カニのグラタン、カレイのあえもの、そしてゴマいわし。

そうそう、グラタン系は、これか大正海老のマヨネーズ焼きが松の家さんの定番だけど、大正海老の方をしばらく食べていないのでそろそろ食べたいかも。

松の家(2015年夏) その2

そして食後のデザート。

     ※     ※     ※

翌朝。

松の家(2015年夏) その2

いつもと同じ朝食。夕食では毎回何かしら食べたことのないものが出てくるのだが、朝食は殆ど毎回同じ。でも、いわゆる偉大なるマンネリとでも言うべきか、この変わらない正しい日本の朝食が嬉しい。いつも通り、御飯のおひつを空にして満足。




テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

松の家(2015年夏) その1

【施設名】松の家
【所在地】勝浦市勝浦
【料金】
【URL】http://katsuura-matsunoya.com/
【訪問日】2015年6月某日

いつもながら、代わり映えしないのだが、今年の夏に松の家さんに行ったときの記録を。

松の家(2015年夏) その1

チェックイン前に、いつものように近所の散策を。勝浦駅近くの市営駐車場(無料)からチャリで出発。

松の家(2015年夏) その1

苔むした壁面がいい隧道だなぁ。

松の家(2015年夏) その1

ここは、今にも天井が崩れてきそうでちょっとヒヤヒヤ(^-^;

松の家(2015年夏) その1

この先は小学校。

     ※     ※     ※

松の家(2015年夏) その1

とまぁ、あちこちウロウロしてから、午後4時過ぎにチェックイン。

松の家(2015年夏) その1

金目鯛、前回食べたときは旨かったなぁ。でも、今回は鮑を頼んでいたんだ。

松の家(2015年夏) その1

さて、今回は本館の部屋が満室とのことで新館に。新館は最初に来たとき以来。

松の家(2015年夏) その1

2階の6畳和室。たまにはこの部屋もいいかな。てか、一人ならこれで充分。必要なものが全部身の回りにあるってのも便利。

松の家(2015年夏) その1

お風呂は本館へ。木の風呂桶はいいねぇ。自宅用だと手入れが大変そうだけど、出先で入る分には嬉しい。

松の家(2015年夏) その1

さてさて、ビールを呑みながら夕食を待とう(・∀・)ニヤニヤ

テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

聖山荘 その3

【施設名】聖山荘
【所在地】南房総市富浦町豊岡
【料金】7560円(一泊二食)、650円(ピール)
【URL】http://www.seizanso.net/
【訪問日】2015年4月某日

南房総富浦、民宿・聖山荘さんの3回目。これで最終回。

聖山荘 その3

翌朝の朝食。

聖山荘 その3

朝食らしくアジの干物がメイン。

聖山荘 その3

目玉焼きも定番だねぇ。

部屋食なので、朝食のあともすぐに部屋でゴロンとできるのが嬉しい。

ということで、聖山荘さん、ユルい雰囲気と美味しい食事の居心地の良い宿だった。

     ※     ※     ※

さて、宿を出てからは、、、

聖山荘 その

国道127号の開削されてしまったトンネル。

聖山荘 その3

そのつもりではなかったのだが、なぜか軍事遺構に遭遇。

聖山荘 その3

普通の隧道だと思って来たのに…

聖山荘 その3

ここも(^-^;


テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

プロフィール

パパゲーノ

Author:パパゲーノ
千葉の中途半端な田舎(最寄りのICは東関道佐倉)

美味しい食べ物とお酒が大好きですが、ちょっと呑みに行くのにも車がないとどうにもならん、という場所柄なので、どうしても宅呑みばかりに(^-^;

でも、たまには料理人が作った肴で一杯やりたいし、せっかくなら風呂上がりの一杯も欲しいし、かといって帰りの運転を考えると寝床も確保しないとなぁ~

なんて考えて、最近はちょくちょく県内から近県を中心に休日うろついています(^-^;

Twitter
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
1181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
489位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
Twitter...A

Twitter < > Reload

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ




FC2アフィリエイト
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking