君津の湯

今回はスーパー銭湯。
この日は徹夜明けで昼間一日房総の山の中を歩き回ってヘトヘトだった(^-^;
ということで、君津のファミレスで夕食を済ませてからここに。

君湯の湯

ロケーションは国道127号沿い。ゲームセンターと同じ敷地にある。写真はスマホで撮ったのだが、暗くて少々荒れ気味(^-^; しかし、和のテイストながら、ちょっと猥雑感もある雰囲気は嫌いではない。

君湯の湯

1階エレベーター前に券売機が。しかし浴場が見あたらない(^-^; 浴場と軽食コーナーはエレベーターで登った2階にある(階段も有り)。

     ※     ※     ※

浴室の様子は自粛(^-^; 一応スマホには無音カメラのアプリをインストールしているのだが、まずいわな(^-^;
そういえば、先日、太陽の里で露天風呂に浸かっていたら、スマホらしき携帯をいじりながら湯に入っている人がいたっけ。で、「無音で写真撮られていたらイヤだなー」って思ったり(^-^;

ちなみに、浴場の規模は、若干小さめ。内容的には可もなし不可もなしか。サウナがドライとミストの両方あるのが特徴といえるかも。あ、それから「肩ほぐしバス」が気持ちよかった。よくあるジャグジータイプの寝湯にプラスして肩の部分にお湯が吹き付けられるような仕組みになっているのだが、肩こり気味のおいらにはありがたかった。←この説明で意味が通じるか心配 (^-^;

君湯の湯

風呂上がりに軽食コーナーで一休み。時刻は日曜日の夜9時少し前。ちょっと寂しいが、浴場の方にはまだけっこう人がいた。

軽食コーナーの会計も、券売機による前払い・ニコちゃん会計。よくあるバンドの番号やバーコードで後払いのシステムは便利だが、小心者のおいらは浪費する心配のないこのスタイルが安心できる←人間ちいせーw

君湯の湯

さて、寝不足なので一眠りしなきゃ。ってことで、一階の休憩スペースに。
この後、2時間程畳の上で眠らせてもらったzzz。

君湯の湯

さて、閉館は24時だが、ここの利用は23時まで。微妙に納得いかないが、ギリギリまで居座る人を追い出すためなんだろうなぁ、と思って眠い目をこすりながら振り返りの一枚。

部屋の奥の窓から外の庭に出入りできるようになっているようだ。そういえば、おいらが寝ていたのは窓の近くだったのだが、ちょくちょく出入りする人がいて寒風が吹き込んできたっけ(^-^;

君湯の湯

この休憩スペース、マッサージ器や血圧測定器その他、健康関連機器が充実(笑) でも血圧を計るのに100円って、ちょっと高くね?いや、ここだけの話じゃないんだけど(^-^;

君湯の湯

さて、最後に一階のゲーセンコーナーにて。
日曜日の夜って時間帯もよかったのかな。人影もまばらで時間の止まったようなゆったり感をしばし味わう事ができた。

しかし、基本的に、ここに来ることはもうないかなぁ。。。というのも、「再入浴不可」だから(;´Д`)
「風呂→飲み食い→風呂→仮眠→風呂」がデフォルトのおいらのスタイルでは再入浴できないのは致命的。いや、ケチをつける訳ではなくて、あくまでおいらのスタイルに合わないというだけ。再入浴OKなら、ちょっとひなびたB級な雰囲気がけっこう好きだったりするんだけど。惜しい!



ランキング参加中。どうぞよろしくです。

スポンサーサイト

テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パパゲーノ

Author:パパゲーノ
千葉の中途半端な田舎(最寄りのICは東関道佐倉)

美味しい食べ物とお酒が大好きですが、ちょっと呑みに行くのにも車がないとどうにもならん、という場所柄なので、どうしても宅呑みばかりに(^-^;

でも、たまには料理人が作った肴で一杯やりたいし、せっかくなら風呂上がりの一杯も欲しいし、かといって帰りの運転を考えると寝床も確保しないとなぁ~

なんて考えて、最近はちょくちょく県内から近県を中心に休日うろついています(^-^;

Twitter
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
1158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
416位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
Twitter...A

Twitter < > Reload

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ




FC2アフィリエイト
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking