下部温泉・湯元ホテル その1

さて。今回は山梨県身延町の下部温泉。
普通なら、ここに来れば身延山の参拝でもするところだろうが、おいらはいかなかった。その代わりに早川町のほうに、あんなものこんなものを見に行ってきた、、、(^-^;

下部温泉・湯元ホテル

いきなり部屋の写真(^-^; 駐車場がホテルから少し離れているために車で送迎してもらった。そして案内されるままについてきたら建物の外観を撮る時間がなかった(^-^;

下部温泉・湯元ホテル

いいちこの瓶?いきなり焼酎無料サービス!というわけではなく、中身は温泉水。好きなだけ飲んでいいですよ、の配慮のようだが、とても飲みきれなかった(^-^;

下部温泉・湯元ホテル

窓から外を眺める。あの渡り廊下というか橋が玄関に通じている。

下部温泉・湯元ホテル

外はずっと川の流れる音が聞こえる。楽天トラベルのレビューなどでは音を気にする人がいたが、おいらは自然物の音はあまり気にしない事にしているので問題なし。

下部温泉・湯元ホテル

さて、さっそく温泉に。夜と朝で男女の入れ替えがあるようだ。とりあえずは夜の男湯(大浴場)入口。昭和の雰囲気が漂ってるなぁ

2012-1014-164807479.jpg

脱衣所。
こちらも昭和の雰囲気。浴場に限らず、建物全体が昭和レトロ、、、というかはっきり言って少しオンボロ(笑) それでも不潔な感じはしないし、外トイレはウォッシュレットも完備されていたので不自由は感じなかった。

下部温泉・湯元ホテル

分析表。厳選は30度ちょっと。泉質は単純鉱泉で、正直おいらにはお湯の善し悪しはよくわからなかった(^-^; ただ、胃腸に利くとか聞いたことがある。プチ湯治で連泊しているおじさんもいたっけ。

2012-1014-163208830.jpg

さて、入ってみよう。こちらは普通のお風呂。

2012-1015-015732614.jpg

そして、この通路の向こうには、、、

2012-1014-163149859.jpg

こちらも普通のお風呂だが、厳選そのままのぬる湯。
つまり、熱湯とぬる湯に交互に入ることができるという仕組み。

水風呂だとさすがに冷たすぎてあまり長くはいっていられないが、30度ぐらいだといい感じで長湯できる。こりゃなかなか気に入ったぞ~
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パパゲーノ

Author:パパゲーノ
千葉の中途半端な田舎(最寄りのICは東関道佐倉)

美味しい食べ物とお酒が大好きですが、ちょっと呑みに行くのにも車がないとどうにもならん、という場所柄なので、どうしても宅呑みばかりに(^-^;

でも、たまには料理人が作った肴で一杯やりたいし、せっかくなら風呂上がりの一杯も欲しいし、かといって帰りの運転を考えると寝床も確保しないとなぁ~

なんて考えて、最近はちょくちょく県内から近県を中心に休日うろついています(^-^;

Twitter
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
940位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
365位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
Twitter...A

Twitter < > Reload

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ




FC2アフィリエイト
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking