下部温泉・湯元ホテル その3

下部温泉・湯元ホテルの3回目。朝食と朝風呂。

まずは朝食から。
下部温泉・湯元ホテル

正統的和の朝食。お味噌汁はアサリ入り。いつものように朝からお代わり。

下部温泉・湯元ホテル

さて、食事の後は風呂に。浴室は朝6時から男湯と女湯が切り替えに。一階ロビー横の「信玄公隠湯」へ(^-^;

下部温泉・湯元ホテル

源泉も下の浴場とは別のようだ。

下部温泉・湯元ホテル

分析書

下部温泉・湯元ホテル

脱衣所。

下部温泉・湯元ホテル

こちらは下の浴場に比べて狭いが、岩風呂がなかなかいい感じ。そういえば、南海荘の大浴場もこんなだったっけ。

左が熱湯で右がぬる湯。こちらのぬる湯は、入った瞬間「冷たっ」と思った。朝だからまだ体が充分に起きていなかったからかと思ったが、分析書をよく見るとこちらの方が源泉の温度が低かった。少しの違いだが、意外と違いが判るものなんだなぁ。

     ※     ※     ※

■まとめ
よくも悪くも昭和レトロな雰囲気を色濃く漂わせる宿。人によってかなり好みの分かれそうな宿だが、おいらは実はこういう宿もけっこう好きだったりする。ただし、食事にコレという目玉になるようなものが欲しかったかも。いや、お値段があと1000円安ければ文句なしだったと思われ(←セコいぞ、おいら) でも温泉は大満足。下部の他の宿も気になるなぁ。

■下部温泉・湯元ホテル
訪問日:2012年10月某日(日曜日) 
所在地:山梨県南巨摩郡身延町下部
予約:当日朝、楽天トラベルより
宿泊料:9,600円(お得な飲み物サービス&掛け流し温泉プラン)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パパゲーノ

Author:パパゲーノ
千葉の中途半端な田舎(最寄りのICは東関道佐倉)

美味しい食べ物とお酒が大好きですが、ちょっと呑みに行くのにも車がないとどうにもならん、という場所柄なので、どうしても宅呑みばかりに(^-^;

でも、たまには料理人が作った肴で一杯やりたいし、せっかくなら風呂上がりの一杯も欲しいし、かといって帰りの運転を考えると寝床も確保しないとなぁ~

なんて考えて、最近はちょくちょく県内から近県を中心に休日うろついています(^-^;

Twitter
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
1246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
466位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
Twitter...A

Twitter < > Reload

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ




FC2アフィリエイト
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking