ホテル瀬戸浜 その5

さて、夕食が終わり、ひとしきりグダグダしていたら、また例のごとく寝てしまった。そして、真夜中に目が覚める。ホントにあきれるぐらいいつも同じパターンになるのだが・・・

ホテル瀬戸浜 館内

で、またまたもうひとっ風呂、と思い浴室に。広い(一間幅)の通路をそろりそろり。ここの風呂は、24時間入浴可能なのだが、洗い場の乾き具合から、ほとんど入っている人の形跡なし。なんだか勿体ないなぁ。。。ちなみに、浴室の照明がどこにあるのかよく判らなかった。というより、ないとか???脱衣所の明かりのみで、薄暗い中で風呂につかった。

翌朝、朝食は7時半~8時半の間に広間で。メニューはアジや卵焼きなど、ごく標準的な日本の朝ご飯。

食事が終わって、部屋に戻ると、布団が片付けられていた。このパターンの宿が多いようだが、ゴロリとしたかったりするので、もうすこし待ってもらえるとありがたいのだが・・・

一休みしてから、最後のひとっ風呂・・・などと考えていると、廊下がやけに騒々しい。どうも、いつまでもゴロゴロしていたい客は自分だけのようだ。他の方々は朝から精力的に行動開始らしい。。。

それにつられて、普段はチェックアウトギリギリまで部屋でゴロゴロするのが常の自分も、9時半には宿を後にした。


      ※      ※     ※


さて、今回の瀬戸浜だが、非常に愛すべきところの多い宿ではあるが、また泊まりたいかと言われると、私の場合は、ちょっと考えてしまう。

一番の理由は、建物の老朽化のすごさだ。共用スペース(ロビー、広間など)は少しずつ手直ししている様子なのだが、客室の壁のシミがどうにも、、それと、共同トイレが、いかにも昔の公共施設風というか。。。

あと、前回も書いたが、夕食が特徴に乏しいというのも、食が最大の楽しみの自分にとっては。。。

きっと、ここの宿は、大人数で海水浴に来てワイワイガヤガヤと楽しむのに向いていると思う。海辺の民宿でトンカツ定食を食べる海水浴旅行に比べたら、ここの滞在は、料理も含めてすばらしく充実したものになるはずだ。にもかかわらず、宿の従業員さんはみな、優しい印象の方ばかり。

改装したという話を聞くか、自分の生活環境が劇的に変化しない限りは、当分ご無沙汰だろうか。これからも是非頑張ってくださいね、、と応援したくなる宿ではあるのだが・・・・

ということで、歯切れが悪いが、これで瀬戸浜の話は終了。


ランキング参加中。どうぞよろしくです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パパゲーノ

Author:パパゲーノ
千葉の中途半端な田舎(最寄りのICは東関道佐倉)

美味しい食べ物とお酒が大好きですが、ちょっと呑みに行くのにも車がないとどうにもならん、という場所柄なので、どうしても宅呑みばかりに(^-^;

でも、たまには料理人が作った肴で一杯やりたいし、せっかくなら風呂上がりの一杯も欲しいし、かといって帰りの運転を考えると寝床も確保しないとなぁ~

なんて考えて、最近はちょくちょく県内から近県を中心に休日うろついています(^-^;

Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
1446位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
538位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
Twitter...A

Twitter < > Reload

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ




FC2アフィリエイト
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking