かどや旅館 その4

小菅村かどや旅館のつづき。

前回の最後、食事を終えてそのまま炬燵でいい調子で寝ていた自分だが、9時頃だっただろうか?食事の片付けをしてもらった。布団は隣の6畳間に敷いてあるとのこと。ちょうど閑散期で空き部屋が多かった(というか少なくとも当日本館に宿泊していたのは自分だけでは?)というタイミングだったというのもあるのだろうが、1人で2部屋使わせてもらうなんて、なんと贅沢な(笑) たまたまその後友人から電話がかかってきて、少し会話してから再び就寝。途中一度トイレに立ったが、あとはぐっすりと眠ることができた。

トイレの窓から外を見ると、真っ暗。ほんとに何もない静かな村だ。酔っぱらっていたからだけでなく、こんな環境もぐっすり眠ることができる理由だったのかもしれない。

     ※     ※     ※

翌朝…

「食事の準備ができました」の声で目が覚める。時間はちょうど8時。いい天気だった。

かどや旅館・朝食

朝食を終えて、またグースカグースカ。ほんとに良く寝た。しばしの後、ハッと目が覚めると、チェックアウトの10時を過ぎていた。あわてて身支度とトイレを済ませる。

玄関で会計を済ませていると、女将さんに声を掛けられた。

「昨夜はよく寝られたかい?」
「えぇ、おかげさまで。朝ご飯の後も寝ちゃいました」
「それはなにより。何もない村だけど、静かだから」

ほんとに、ゆっくり休むのにはよい村だった。

さて、補足情報。小菅村には、小菅の湯という村営の温泉施設がある。今回は訪問しなかったが、かどや旅館でも温泉の割引券がもらえるらしい。次回はもう少し早起きして、温泉に寄ってから帰るるもりだ。

     ※     ※     ※

国道139号・小菅村から奥多摩へ

帰りは、国道411号を通り、奥多摩~御嶽~青梅経由のルートにした。平日の午前なので、交通量も少なく快適。青く輝く奥多摩湖の水面がまぶしかった。山道を良い気分で走っていたのだが、やがてふっと気付くと街中の風景が現れた。気がつくと青梅市街に入っていたのだ。

ありふれた街の風景に、それまでのリゾート気分が抜けて下界に降りてきたことを実感。まるで魔法が解けたような気分だった。

【おわり】


ランキング参加中。どうぞよろしくです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パパゲーノ

Author:パパゲーノ
千葉の中途半端な田舎(最寄りのICは東関道佐倉)

美味しい食べ物とお酒が大好きですが、ちょっと呑みに行くのにも車がないとどうにもならん、という場所柄なので、どうしても宅呑みばかりに(^-^;

でも、たまには料理人が作った肴で一杯やりたいし、せっかくなら風呂上がりの一杯も欲しいし、かといって帰りの運転を考えると寝床も確保しないとなぁ~

なんて考えて、最近はちょくちょく県内から近県を中心に休日うろついています(^-^;

Twitter
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
1163位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
442位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
Twitter...A

Twitter < > Reload

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ




FC2アフィリエイト
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking