民宿・勘太郎 その2

民宿・勘太郎の2回目。今回は夕食の紹介。

ここの夕食のシステムは、部屋食。ただし、準備ができたら、インターホンで呼ばれ、自分で一階まで取りに行くというスタイル。もしくは、一階の食堂に用意してもらってもいいらしい(複数のグループだったらこの方が楽しいかもしれない)が、単身かつ持込のお酒をちびちびやりながら「ちびまる子ちゃん」をのんびり見たいおいらは、迷わず部屋食を選択(一応、有料で部屋まで配膳してくれるようだが、宿でもそれはほとんど想定していないのだろう)。

民宿・勘太郎

えっちらおっちら部屋に運んできて、テーブルに並べた図。普段、部屋食で並べてもらっている身だったが、なかなか大変なものなのだと実感(笑)
写真左に注目!食事が終わったら、すぐに寝ることが出来るようにと思って、事前に布団を敷いておいた(やはり、これは大正解だった)。布団敷きももちろんセルフサービスで。

民宿・勘太郎

天麩羅盛り合わせ、菜の花のおひたし、イカと大根の煮物。

民宿・勘太郎

伊勢海老のボイル、焼き魚、お刺身盛り合わせ。

民宿・勘太郎

タコとわかめの酢の物。写真はないが、お味噌汁の具はアサリだった。

民宿・勘太郎

ちょっとかわいらしい伊勢海老さん。松の家で拍子抜けだった刺身に対して、ここではボイル。あっという間に食べ終わってしまったが、やっぱり海老加熱した方が自分には美味しいと思える。

民宿・勘太郎

パッと見、豪華な感じはしないのだが、どれも丁寧に調理されていて素直に美味しいと感じられる。なんというのか、一度に定食を3回楽しめるとでも例えようか。旅館風の豪華さはなく素朴な味わいと、定食屋では望めないバリエーション(皿数の多さ)が楽しめた。

事前の口コミで、別注料理がないと少し寂しいかもしれない、との話だったが、確かにそれも言えるかもしれない。ただ、それは大食らいの食いしん坊さんの感想(←自分もw)で、普通の食事として考えると、充分以上のものの。むやみに食べきれない料理を出すようなことをせず、必要なら別注料理で対応する(=余計なサービスを押しつけない)というスタイルはこの宿の一貫したポリシーのようだ。

「ちびまる子ちゃん」と「サザエさん」をのんびりと見ながら、一時間ほどかけて食事を楽しむ。その後は、フラフラしながら、空になった食器を一階に返して、例のごとくぐっすりと寝たのだった・・・zzz


ランキング参加中。どうぞよろしくです。

スポンサーサイト

テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パパゲーノ

Author:パパゲーノ
千葉の中途半端な田舎(最寄りのICは東関道佐倉)

美味しい食べ物とお酒が大好きですが、ちょっと呑みに行くのにも車がないとどうにもならん、という場所柄なので、どうしても宅呑みばかりに(^-^;

でも、たまには料理人が作った肴で一杯やりたいし、せっかくなら風呂上がりの一杯も欲しいし、かといって帰りの運転を考えると寝床も確保しないとなぁ~

なんて考えて、最近はちょくちょく県内から近県を中心に休日うろついています(^-^;

Twitter
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
1564位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
572位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
Twitter...A

Twitter < > Reload

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ




FC2アフィリエイト
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking