ALPEN ガストホフ らんたん その2

【施設名】ALPEN ガストホフ らんたん
【所在地】南アルプス市芦安芦倉
【料金】10800円(税込)
【URL】http://alpen-lantan.com/
【訪問日】2015年10月某日
【予約】前日(「じゃらん」にて)

また日にちが空いてしまったけど(^-^; ガストホフらんたんさんの2回目は夕食。

ALPEN ガストホフ らんたん その2

今回こちらを選んだ理由のひとつが食事が美味しそうなこと(←いつもだろw)&和食であるということ。ペンションというと、洋食でパンが出てきそうなイメージなのだが、和食なのが嬉しい。

ALPEN ガストホフ らんたん その2

料理はご主人、配膳は奥様の担当。昨年脱サラしてこのペンションの経営を前オーナーから引き継いだとのことだが、ご夫婦で見事に切り盛りしている。他のお客さんが「大変じゃないのか?」と訊いていたが、サラリーマン時代に比べたらなんのその、とのこと。ご主人、恐らく有能なサラリーマンだったのではないか?料理は品数も多く美味しい。そして仕事がとても丁寧。カットから盛りつけまで随分と注意を払っているのが伺える。

ALPEN ガストホフ らんたん その2

テリーヌ(?)のみ、洋風だが、違和感なし。

ALPEN ガストホフ らんたん その2

天ぷら。

ALPEN ガストホフ らんたん その2

ホイル焼き。

ALPEN ガストホフ らんたん その2

そして最後に蕎麦。左に少しだけ写っているのは地酒の瓶。部屋食ではないので、いつもの菊水は鞄の中に封印(^-^;





テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

ALPEN ガストホフ らんたん その1

【施設名】ALPEN ガストホフ らんたん
【所在地】南アルプス市芦安芦倉
【料金】10800円(税込)
【URL】http://alpen-lantan.com/
【訪問日】2015年10月某日
【予約】前日(「じゃらん」にて)

またもや久しぶりの投稿。今回は10月に訪問した南アルプスについて。

ALPEN ガストホフ らんたん

中央道の談合坂SAにて。車が丸々一台、商品ディスプレイの棚になっている(゚д゚)ハッ!! でも、この車、何だっけ?

Twitterに投稿したところ、「パブリカ・コンバーチブルだ」との指摘を頂いた。あぁ、そうか!でも、せっかく程度の良さそうなボディ、なんかちょっともったいないぞ(^-^;

ALPEN ガストホフ らんたん

談合坂SAを後にして、約1時間半後、目的地に到着した。南アルプス市の南アルプス林道・夜叉神ゲートだ。ここから先は一般車は乗り入れ禁止。朝のバスを待って広河原に向かうのだ。時刻は午前2時前、もう少し早く着きたかったんだけどなぁ。いつもの旅の友、ふなぐち菊水を1本呑んでとっとと寝たのだが、まぁ、車中泊の常であまりよく寝られなかった。車中泊の方法、もう少し工夫しなきゃなぁ(^-^;

ALPEN ガストホフ らんたん

翌朝。寝不足で偏頭痛気味だったが、頑張って始発のバスに乗り、広河原へ。去年も同じ頃、奈良田から、やはりバスに乗ってここまで来て、奈良田まで県道を歩いてみた。今年は南アルプス林道を夜叉神まで歩き通してみようという企画。

バスから降りた人は皆、北沢峠行きのバスの乗車券を買う列に並んだ。おいらだけ、チケットも買わずにウロウロ、それどころか元来た道を喜々として引き返そうとしている(^-^; まぁ、せっかく来たのだから、北岳を拝んで、再出発!

ALPEN ガストホフ らんたん

で、こんな橋やトンネルを通り、

ALPEN ガストホフ らんたん

森林鉄道の跡をちょっとだけ歩き、

ALPEN ガストホフ らんたん

こんなイカレた場所を眺め、

※写真をよーく見ると、何がイカレているのか判る、かも…

ALPEN ガストホフ らんたん

目の前に現れたイカレた場所に怯えて引き返し、などしながら、なんとかマイカー規制区間を歩ききった。

※こちらの模様は週一ペースで別ブログに連載中。

ALPEN ガストホフ らんたん

やってきた。今回お世話になる、【ALPEN ガストホフらんたん】さん。

写真が微妙にボケているのは、唯一撮った外観の写真をうっかり動画モードで撮ってしまっていたから。帰宅してから気がついた(^-^;

ALPEN ガストホフ らんたん

柄にもなくペンションを予約してしまったのだが(^-^; 食事が美味しそう、天然温泉、一泊1万円程度までという条件に合致していたので選んでみた。

部屋は特別豪華という訳ではないが、掃除も行き届き快適。広さは7.5畳か10畳ぐらいだっただろうか?シャワールームとトイレも併設されている。もっとも、温泉があるので、シャワーは使わなかったが。

ALPEN ガストホフ らんたん

風呂は露天もあるのだが、使用中だったので、内風呂に。20キロ程歩いてくたびれていたので極楽極楽。

ALPEN ガストホフ らんたん

2階にある休憩室、トトロの部屋、っていったっけかな?山関係の本や児童書を中心とした本が棚にびっしり。

ALPEN ガストホフ らんたん

「大どろぼうホッツェンプロッツ」 懐かしいなぁ。ホッツェンプロッツを読みながら夕食の時間を待つ。さて、どんな料理が出てくるかな(・∀・)ニヤニヤ





アクア・ユーカリ

【施設名】アクア・ユーカリ
【所在地】佐倉市ユーカリが丘
【営業時間】10:00~24:00
【料金】1620円(大人平日)
【URL】http://aquayukari-web.com/
【訪問日】2015年9月某日

アクア・ユーカリ

9月のある日曜日、印旛沼周辺を半日散策してからやってきた。

このアクア・ユーカリ、以前から気にはなっていたものの、ちょっと入館料がお高くてちょっと行く気になれないでいた。なにしろ平日でも1620円、休日は1950円。さすがにこれは厳しい(^-^; もっとも夕方5時以降ならバスタオルや館内着なしで970となるので、太陽の里より割安か。

ほかにも割引券や無料券のくじ引きなどで割り引きサービスが多いので案外出費は少なくて済むかも。なお、駐車場も入館者は無料なので安心。

アクア・ユーカリ

なお、今回はケーブルテレビ局にもらった無料券が合ったのでタダ v( ̄ー ̄)v

アクア・ユーカリ

さて、浴場は撮影禁止なのでこの先の写真はなし(^-^;

大好きな塩サウナもあるし、ジャグジーは強力でなかなか楽しかった。それと、ここの特徴は温水プールがあること。プールに入るのは十数年ぶりだった。でも温水プールってぬるいお風呂みたいだねぇ(^-^;

アクア・ユーカリ

さて、食事だ食事(・∀・)ニヤニヤ 何を食べようかな。

アクア・ユーカリ

まずはイカチヂミ(390円) 味は、、、う~ん、まぁまぁ?(^-^;

アクア・ユーカリ

次はマグロのメンチカツ(390円) うん、これは食べ出もあるし美味しかった。

アクア・ユーカリ

そして、ひと口焼き鳥(490円)。これも大ぶりなサイズでウマー。

アクア・ユーカリ

食事の後はもう一度風呂に入ってから、一休み。畳の休憩処。

アクア・ユーカリ

休憩処の一角にはコミックコーナーも。

アクア・ユーカリ

2階の休憩処にはリクライニングシートがある。ここはお子様立入禁止。正面の硝子窓から屋外プールを見下ろすことができる。ただし屋外プールは10月から冬季閉鎖。

入館料も高いから来るのは一度だけかな、と思っていたのだが、また来たいかも。


松の家(2015年夏) その2

【施設名】松の家
【所在地】勝浦市勝浦
【料金】
【URL】http://katsuura-matsunoya.com/
【訪問日】2015年6月某日

勝浦の松の家さん2回目。

松の家(2015年夏) その2

ジャジャーンといきなりの夕食全景。いつもながらウマソー。こうやってテーブルにご馳走が並んでいるのを眺める瞬間の幸せ。いいねぇ (・∀・)ニヤニヤ

松の家(2015年夏) その2

お酒の用意も万全!でも結局、これを全部飲んだわけではないのだが(^-^; とはいえ、ご馳走とお酒がいっぱい並んでいると幸せな気持ちになるし(^-^;

松の家(2015年夏) その2

今回のメインは鮑の踊り焼き。火にあぶられた鮑さん、暑くてウネウネし始めた。ウネウネするシーンをアニメーションGIFにしようかとおもったのだけど、ちょっと悪趣味な気がしたのでやめておいた。鮑さん、ごめんね。今度はお刺身を頼もう(^-^;

松の家(2015年夏) その2

お刺身の盛り合わせはメバチマグロ、カツオ、アジ、それからナメロウ。

アジの刺身、普段スーパーで買うと小さい切り身でチビチビと食べることが多いのだが、このように大きめサイズは頬張った時の満足感格別。三枚おろしにした切り身の一番分厚い部分なのかな?残りの部分はナメロウに再利用にされたのだろう。

松の家(2015年夏) その2

揚げ物はメヒカリの唐揚げとのこと。おいら食通ではないので、知らなかったのだが、白身系でホロホロして美味しかったなぁ。白身魚の揚げ物に日本酒の組み合わせ、たまらないねぇ。

松の家(2015年夏) その2

焼き物はキンキとのこと。こういうのって大好物。これも日本酒に合うねぇ。

松の家さんに来ていつも思うのだが、上の唐揚げやこの焼き物、きちんとできたてでホカホカのところを出してくれる。じゃらんや楽天トラベルのレビューで「天ぷらが冷めていて云々」とかって文句を書き込んでいる人をよく見かけるが、限られた時間とスタッフで食事を提供するのは相当大変なはず。高級旅館なら当たり前なのかもしれないが、一泊二食で約一万円という宿でこれだけのサービスをしてくれるところって、あまりないんじゃないかなぁ。

ってことで、あんまり写真ばかり撮っていないで、とっととご馳走を頂かないと(^-^;

松の家(2015年夏) その2

カニのグラタン、カレイのあえもの、そしてゴマいわし。

そうそう、グラタン系は、これか大正海老のマヨネーズ焼きが松の家さんの定番だけど、大正海老の方をしばらく食べていないのでそろそろ食べたいかも。

松の家(2015年夏) その2

そして食後のデザート。

     ※     ※     ※

翌朝。

松の家(2015年夏) その2

いつもと同じ朝食。夕食では毎回何かしら食べたことのないものが出てくるのだが、朝食は殆ど毎回同じ。でも、いわゆる偉大なるマンネリとでも言うべきか、この変わらない正しい日本の朝食が嬉しい。いつも通り、御飯のおひつを空にして満足。




テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

松の家(2015年夏) その1

【施設名】松の家
【所在地】勝浦市勝浦
【料金】
【URL】http://katsuura-matsunoya.com/
【訪問日】2015年6月某日

いつもながら、代わり映えしないのだが、今年の夏に松の家さんに行ったときの記録を。

松の家(2015年夏) その1

チェックイン前に、いつものように近所の散策を。勝浦駅近くの市営駐車場(無料)からチャリで出発。

松の家(2015年夏) その1

苔むした壁面がいい隧道だなぁ。

松の家(2015年夏) その1

ここは、今にも天井が崩れてきそうでちょっとヒヤヒヤ(^-^;

松の家(2015年夏) その1

この先は小学校。

     ※     ※     ※

松の家(2015年夏) その1

とまぁ、あちこちウロウロしてから、午後4時過ぎにチェックイン。

松の家(2015年夏) その1

金目鯛、前回食べたときは旨かったなぁ。でも、今回は鮑を頼んでいたんだ。

松の家(2015年夏) その1

さて、今回は本館の部屋が満室とのことで新館に。新館は最初に来たとき以来。

松の家(2015年夏) その1

2階の6畳和室。たまにはこの部屋もいいかな。てか、一人ならこれで充分。必要なものが全部身の回りにあるってのも便利。

松の家(2015年夏) その1

お風呂は本館へ。木の風呂桶はいいねぇ。自宅用だと手入れが大変そうだけど、出先で入る分には嬉しい。

松の家(2015年夏) その1

さてさて、ビールを呑みながら夕食を待とう(・∀・)ニヤニヤ

テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

プロフィール

パパゲーノ

Author:パパゲーノ
千葉の中途半端な田舎(最寄りのICは東関道佐倉)

美味しい食べ物とお酒が大好きですが、ちょっと呑みに行くのにも車がないとどうにもならん、という場所柄なので、どうしても宅呑みばかりに(^-^;

でも、たまには料理人が作った肴で一杯やりたいし、せっかくなら風呂上がりの一杯も欲しいし、かといって帰りの運転を考えると寝床も確保しないとなぁ~

なんて考えて、最近はちょくちょく県内から近県を中心に休日うろついています(^-^;

Twitter
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
1158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
416位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
Twitter...A

Twitter < > Reload

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ




FC2アフィリエイト
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking